岡谷市の岡谷絹工房様に、高機60型を納品しました。

 

 

岡谷市では養蚕から製品化まで、オール岡谷産のブランド化に取り組んでいます。

建物は国の有形文化財になっている旧山一林組製糸事務所です。

1階では研修生の方々が織っていて、一般の方は見学や織り体験ができます。

 

 

今回は製品開発や製作をする2階に納品しました。こちらは見学はできないようです。

当社の高機60型織機もガッチリした作りですが、こちらの織機はさらに大きくドッシリしています。

 

 

当社のお客様でありました、ぜんまい織り作家のK様(故人)が使用していた織機が寄付されて使用されていました。

 

今後は商品制作はもちろん、岡谷シルクのPRのために使われるとのことでした。