神奈川県横浜市のS様邸へ綜絖枠の吊り高さ調整にお伺いしました。

S様は87歳。早くに亡くなられた娘さんの織り機で織っておられます。

途中まで織り進んだものの、綜絖枠が傾いて開口が悪く、織りにくくなってしまったとのことでした。

DSC_0376

 

踏み木の下に角材等を置いてコードを緩めた状態でロクロ、綜絖枠、踏み木の順番に上から調整していきます、とご説明しながらの作業でした。

DSC_0377

 

この手織り機は、某美術大学だけに納めていたBX50型です。