先日手織り機をご購入されたお客様がお越しになり、織りの工程についてご説明させていただきました。

糸巻き。
通常私は大管を使って整経するのですが、お客様は木枠で習ってきたとのことなので木枠での整経です。
時間の関係で、糸は前もって私が巻いておきました。

 

整経。
引き回し整経と引き返し整経をご説明。
着尺を織るとのことなので引き返し整経を練習していただきました。

DSC_0510

 

仮筬通し。
糸が変わりましたが、これも時間の関係で私が仮筬通しをしておきました。

DSC_0512

 

千巻き(経巻き)をするため手織り機を準備。
男巻をはずして千巻き箱のところへ、千巻き箱をはずして男巻のところへ取り付ます。
仮筬を筬柄に取り付けて、経糸を千巻き箱に結び、反対側の経糸をドラムに巻き付けます。
ギヤーを使って経糸を巻き取ります。(途中で綾返しをします)

DSC_0513

今回は短い間丁で作業しましたが、通常は下の写真のように長い間丁に付け替えて千巻きをします。

DSC_0463

 

この後は綜絖通し、筬通しと続きますが、時間が無くなってきたので駆け足でご説明。

組織図の見方、織り方などのご説明も準備していたのですが、時間の関係でお開きとなりました。